MENU

トラックなしで引越しできる条件とは

1,000件を越えるの私の経験の中でもトラックなしで引越しできる現場は意外と数多くありました。例えば同じマンション内での引越しであったり、2、3件隣のすぐ近所への引越しであったりです。

 

そこまで近いとトラックに載せる必要はなく台車に荷物を載せて移動させるだけでほぼ引越しは完結してしまいます。

 

荷物量的には4t分ほどあったとしても大きなトラックを用意する必要がないので、その分だけ見積もりは安くなります。引越し費用を格安にできる好条件の現場と言えるでしょう。

 

↓引越し料金を安くするには比較が一番です↓

トラックなしでも思ったほど安くならない場合もある

トラックなしの条件と言えども、作業員や梱包資材を移動させるための車両は必要です。そもそもトラックなしの現場は割合としては少数なので、それ用の車両があるわけではありません。結局のところ一番小さなトラックは契約上必要ということになります。

 

同じ荷物量でも短時間で終わらせることができるトラックなしの引越しは一般的に安くなる傾向が高いのですが、必要な作業員数によってはその値引き効果も期待したほどではない場合があります。

 

例えば、通常4t分ほどの荷物であれば3〜4人で半日が相場といったところでしょう。同じマンション内での引越しであるなら2人で半日で終わらせることができるかもしれません。

 

しかし、一戸建てで2階への家具や冷蔵庫の外吊り作業が必要な場合には、安全性の観点からできれば3名以上の作業員が必要となってきます。

 

通常引越しは半日単位で枠取りをするので、せっかく3名以上の作業員を使って半日も掛からず終わっても料金的に大きな違いを生みにくいのです。

 

とはいえ好条件には間違いありませんし、トラックが必要な現場よりかは安い料金が提示されるのは間違いないでしょう。

さらに引越し費用を安くしたいなら閑散日を狙おう

トラックなしは好条件と申しましたが、それ以上に引越し費用に影響を与えるのが実際に引っ越しをすることになる日程です。

 

引越し業者が暇な閑散日をあえて選ぶことで2割引きや3割引きは当たり前。時には半額だって夢じゃありません。少しでも引越し費用を安く済ませたいと思っているなら、この閑散日を狙わない手はありません。

 

具体的にはまず3月から4月の繁忙期を除きます。それ以外の月の初旬から中旬で平日(金曜日も高い可能性有)を候補とし、さらに大安や友引といった日柄の良い日を除けばそれが閑散日です。

 

引越し業者によってはホームページにカレンダーを掲載しているところもあるので参考にしてください。ただし、業者によっては閑散日の条件に該当する日であっても偶然にも忙しいなんて可能性もあります。

 

私としては営業時に安くなる日を相談するのが最もおすすめな方法です。業者側としても暇な日のトラックの予定が埋まるのは大歓迎なので、下旬や土日、祝日と料金差をつけて見積もりしてくれるはずです。

最後は複数の引越し業者から見積もりを取ろう

閑散日を狙うとともに引越し費用を安くするうえで効果が高いのが、複数の引越し業者から合い見積もりを取ることです。

 

例え同じ条件だとしても業者によって数万円の料金差は当たり前なのが引越し業界です。トラックなしという好条件を最大限に活かすためにもできるだけ多くの引越し業者から見積もりを取り最安値で契約してください。

 

複数の引越し業者への見積もり依頼に便利なのが以下のサービスです。

 

 

一括見積もりなら一度の入力で最大10社の引越し業者に見積もりを依頼できるのでとっても便利です。ランキングや口コミも業者選びにとても参考になります。安さだけでなくサービスが良い引越し業者選びにも役立ててください。