MENU

トラックなしで引越しできる条件とは

1,000件を越えるの私の経験の中でもトラックなしで引越しできる現場は意外と数多くありました。例えば同じマンション内での引越しであったり、1、2件隣のすぐ近所への引越しであったり、広い敷地に息子さん夫婦の為の家を建てた場合などです。

 

引越し業者の中では敷地内移動と呼んでいましたね。違う会社では同所移動と呼ぶ場合もあるようです。そこまで近いとトラックに載せる必要はなく台車に荷物を載せたり人力、手作業での運搬だけでほぼ引越しは完結してしまいます。

 

荷物量的には4t分ほどあったとしても大きなトラックを用意する必要がないので、その分だけ見積もりは安くなります。引越し費用を格安にできる好条件の現場と言えるでしょう。

 

今住んでいる家を新築に建て替える場合の仮住まいも、すぐ近くで見つけた方が引越し費用を低く抑えることができます。

トラックなしでも思ったほど安くならない場合もある

トラックなしの条件と言えども、作業員や梱包資材を移動させるための車両は必要です。そもそもトラックなしの現場は割合としては少数なので、それ用の車両があるわけではありません。結局のところ一番小さなトラックは契約上必要ということになります。

 

同じ荷物量でも短時間で終わらせることができるトラックなしの引越しは一般的に安くなる傾向が高いのですが、必要な作業員数によってはその値引き効果も期待したほどではない場合があります。

 

例えば、通常4t分ほどの荷物であれば3〜4人で半日が相場といったところでしょう。同じマンション内での引越しであるなら2人で半日で終わらせることができるかもしれません。

 

しかし、一戸建てで2階への家具や冷蔵庫の外吊り作業が必要な場合には、安全性の観点からできれば3名以上の作業員が必要となってきます。

 

通常引越しは半日単位で枠取りをするので、せっかく3名以上の作業員を使って半日も掛からず終わっても料金的に大きな違いを生みにくいのです。

 

とはいえ好条件には間違いありませんし、トラックが必要な現場よりかは安い料金が提示されるのは間違いないでしょう。

さらに引越し費用を安くしたいなら閑散日を狙おう

トラックなしは好条件と申しましたが、それ以上に引越し費用に影響を与えるのが実際に引っ越しをすることになる日程です。

 

引越し業者が暇な閑散日をあえて選ぶことで2割引きや3割引きは当たり前。時には半額だって夢じゃありません。少しでも引越し費用を安く済ませたいと思っているなら、この閑散日を狙わない手はありません。

 

具体的にはまず3月から4月の繁忙期を除きます。それ以外の月の初旬から中旬で平日(金曜日も高い可能性有)を候補とし、さらに大安や友引といった日柄の良い日を除けばそれが閑散日です。

 

引越し業者によってはホームページにカレンダーを掲載しているところもあるので参考にしてください。ただし、業者によっては閑散日の条件に該当する日であっても偶然にも忙しいなんて可能性もあります。

 

私としては営業時に安くなる日を相談するのが最もおすすめな方法です。業者側としても暇な日のトラックの予定が埋まるのは大歓迎なので、下旬や土日、祝日と料金差をつけて見積もりしてくれるはずです。

最後は複数の引越し業者から見積もりを取ろう

閑散日を狙うとともに引越し費用を安くするうえで効果が高いのが、複数の引越し業者から合い見積もりを取ることです。

 

例え同じ条件だとしても業者によって数万円の料金差は当たり前なのが引越し業界です。トラックなしという好条件を最大限に活かすためにもできるだけ多くの引越し業者から見積もりを取り最安値で契約してください。

 

複数の引越し業者への見積もり依頼に便利なのが一括見積もりです。

 

一括見積もりなら一度の入力で最大10社の引越し業者に見積もりを依頼できるのでとっても便利です。ランキングや口コミも業者選びにとても参考になります。安さだけでなくサービスが良い引越し業者選びにも役立ててください。

 

当サイトおすすめの一括見積もり

引越し侍
https://hikkoshizamurai.jp/
TVやラジオCM放送中!全国269社の引越し料金を比較して、費用が最大50%安くなる

他にも引越し費用を安くする方法はあります

トラックなしという好条件だからこそ、格安で引越しできると期待していると思ったより高くてがっかりなんてこともあるでしょう。ここではさらに引越し費用を安くするための方法を紹介しますので参考にしてください。

 

作業開始の時間を指定しない

日程を引越し業者が暇な日に変更できない場合には、作業開始の時間を指定しないことで値引きを受けられる余地は残っています。引っ越しは朝一番で作業を始める午前便が最も人気が高いです。

 

引越し業者としても作業員の一日の仕事を確保するために、午後便を割安の見積もりで提示し、まんべんなく仕事が取れるように努力しています。

 

家族引越しのような荷物が多い場合は、基本的に午前と午後の二枠ですが、単身引越しの場合は、さらに多くの件数を一日で回ることが可能です。この場合は午後便ではなくフリー便を選ぶことでより安い見積もりを受けられる可能性があります。

 

少々遅くなっても良いという方はぜひ作業開始の時間を指定しないことで値引きを受けましょう。

 

不用品を処分して荷物を減らす

持っていく荷物が減れば、その分だけ見積もりも安くなります。ただしダンボールの5個、10個程度では料金的な差はほぼないのでやるなら徹底的にやるべきです。

 

この方法を取る場合に、荷物の整理前に訪問見積もりを依頼するのは止めた方が良いかもしれません。引越し業者の営業担当に、この荷物は引越し当日までに処分しますと言われても、信用してもらえない時があるからです。

 

早めに整理を始めて、すっきりしたお部屋を見てもらった方がより安い見積もりを受けられる可能性が高いです。

 

大型家具・家電のみ運搬を依頼する

トラックなしであれば自分でダンボールや小物類を運ぶことも無理なくできるでしょう。自分たちでは無理な大型家具や家電のみに限定して引越し業者へ依頼すれば費用は安くなります。

 

またこの場合には別のメリットもあります。一時に荷物を運ぶ必要がないのでダンボールの使い回しができるのです。数個運ぶごとに開梱して再利用すれば、必要な段ボール数も減ります。

 

無料でプレゼントしてくれると言っても実際にコストが掛かっているので、必要な段ボールの数が減れば料金を下げてくれる引越し業者もいるでしょう。


引越し侍で見積もりを依頼する