トラックなしの引越しは業者に頼んでも安い?元引越屋が答えます

MENU

引越し業者に頼めない時はいっそ日程を変えてみよう

2019年の引越しの繁忙期は例年にない忙しさになっています。元々、転居が集中する3月〜4月にかけての繁忙期は引越し業者へ頼めない人が多いほど需要が高まる時期でしたが、近年通販が拡大することで運送業者のドライバー不足が深刻化しています。

 

人手不足に拍車を掛けて、働き方改革も叫ばれている中で今までのような無茶な働かせ方を引越し業者自体が敬遠する傾向にあります。

 

さらには、業界大手のヤマト運輸の子会社ヤマトホームコンビニエンスが料金を過大請求していた問題でサービスの受付を停止しています。
参考記事:引っ越し手配「早めに」 人手不足、大手の業務停止… 業者、対応できない恐れも(佐賀新聞)

 

また、間の悪いことにレオパレス21の天井の耐火性能問題が重なります。レオパレス21は問題がある物件の入居者に引越しを要請しましたが、そもそもこの時期はただでさえ引越し業者へ依頼するのが困難な時期です。

 

それなのに、これだけマイナス要素が重なっていては、引越し業者を確保するのに相当の苦労を強いられるでしょう。仮に依頼できたとしても相場よりはるかに高い引越し料金を請求されるのは目に見えています。

 

私としては、あえてこのような時期に依頼するのではなく、いっそ日程を変えてみることを提案しています。

 

現在の住まいの賃貸を延長できるのならよし、それが無理なら倉庫を借りて一時保管し、必要最低限なものだけを宅配便などで運んでしまうのです。

 

余計な費用が掛かってしまうのですが、割高になる引越し費用よりは安くできる可能性が十分にあります。

 

⇒トラックなしの引っ越しを予定しているならコチラ

 

Twitter Facebook はてブ LINE